VirtualHost multidomains VPSでCertbotを使用してSSLを暗号化して更新する方法

Let’s Encryptが100%無料のSSLを提供し、certbotツールを使用してSSLを自動的に作成、承認、更新できることをご存知でしょう。これに関する投稿がありました:

Let’s Encryptから無料のSSLでNginxのHTTPSを設定する方法

しかし、VPSがVirtualHost設定で複数のドメインを使用している場合、vhost設定ファイルを間違った方法で変更し、ファイルを混乱させるため、certbotがスタックしました。自動更新でも発生します。そのため、最初に手動で行う必要があります。その後、後で自動的に行うようにガイドします。

まず、更新コマンドを発行します:

certbot -d config9.com certonly

このコマンドでは、更新するドメインを指定します。あなたもそうします。

更新に影響しないため、pyasnのインストールに関するデバッグ/警告は無視してください。

その後、次のように尋ねられます。

How would you like to authenticate with the ACME CA?
 
 1: Apache Web Server plugin (apache)
 2: Spin up a temporary webserver 
Read more

Centos 7パーマネントでSELinuxを無効にする方法

まず、現在のSELinuxステータスを確認します:

sestatus

結果:

SELinux status:                 enabled
SELinuxfs mount:                /sys/fs/selinux
SELinux root directory:         /etc/selinux
Loaded policy name:             targeted
Current mode:                   enforcing
Mode from config file:          enforcing
Policy MLS status:              enabled
Policy deny_unknown status:     allowed
Max kernel 
Read more

Centos 7に簡単な方法でPython 3.6をインストールする方法

まず、システムを更新する必要があります:

sudo yum update -y

SCLまたはソフトウェアコレクションプロジェクトは、オープンソースプロジェクトです。その目標は、同じシステムに同じソフトウェアの複数のバージョンをインストールして実行できるようにすることです。 Python 3.6 x64をインストールするには、SCLをインストールする必要があります:

sudo yum install -y centos-release-scl

Python 3.6 x64をインストールします:

sudo yum install -y rh-python36

このマシンでPython 3.6仮想環境を有効にします:

scl enable rh-python36 bash

有効にするには、bashプロファイルの下部にこれらの行を永続的に追加します。

bash_profileを編集するには。

cd ~ && vi .bash_profile
Read more

Centos 7/6/5でHAProxyをインストール、構成、および最適化する方法

この投稿では、インストール方法、設定方法、& Centos 7/6/5でHAProxyを最適化して、最大同時接続数10000の高性能ロードバランサーを作成します。

HAProxyは、信頼性が高く高性能なTCP / HTTPロードバランサーです。 HAProxyの詳細については、公式ウェブサイト

この投稿の時点でのHAProxyの現在の安定バージョンは1.9で、この公式ドキュメント

HAProxyのインストール

HAProxyをインストールするには、次のコマンドを使用できます。

sudo yum install -y haproxy

HAProxyを起動するには:

sudo systemctl start haproxy

HAProxyを停止するには:

sudo systemctl stop haproxy

HAProxyのステータスを確認するには:

sudo systemctl status haproxy

起動時にHAProxyの実行を有効にするには

Read more

Linux crontabでscl enable rh-python36を実行する方法

sclはrh-python36を有効にしてPythonの新しい仮想環境を作成するため、この環境内ではインストール済みのPython 3.6を使用できますが、この仮想環境はcrontabでの実行中に自動的に適用されません。

そのため、Linux crontabでPython 3.6を使用するには、有効化された新しい仮想環境でpythonファイルを実行する必要があります。

私のrun.shファイル:

#!/bin/bash
now=`date`
echo "[$now]Running script now ..."
scl enable rh-python36 "cd /opt/wdir/ && pipenv run python main.py" >> /var/log/logrun.txt
echo "[$now]All done now" 

と私のcrontab:

Read more