如何在Linux crontab中运行scl enable rh-python36

因为scl enable rh-python36为Python创建新的虚拟环境,所以在这种环境中,您可以使用已安装的Python 3.6,但在crontab中运行时不会自动应用此虚拟环境。

因此,为了在Linux crontab中使用Python 3.6,您必须在激活的新虚拟环境中运行python文件。

我的run.sh文件:

#!/bin/bash
now=`date`
echo "[$now]Running script now ..."
scl enable rh-python36 "cd /opt/wdir/ && pipenv run python main.py" >> /var/log/logrun.txt
echo "[$now]All done now" 

和我的crontab:

Read more

Linux crontabでscl enable rh-python36を実行する方法

sclはrh-python36を有効にしてPythonの新しい仮想環境を作成するため、この環境内ではインストール済みのPython 3.6を使用できますが、この仮想環境はcrontabでの実行中に自動的に適用されません。

そのため、Linux crontabでPython 3.6を使用するには、有効化された新しい仮想環境でpythonファイルを実行する必要があります。

私のrun.shファイル:

#!/bin/bash
now=`date`
echo "[$now]Running script now ..."
scl enable rh-python36 "cd /opt/wdir/ && pipenv run python main.py" >> /var/log/logrun.txt
echo "[$now]All done now" 

と私のcrontab:

Read more