Centos 7に簡単な方法でPython 3.6をインストールする方法

まず、システムを更新する必要があります:

sudo yum update -y

SCLまたはソフトウェアコレクションプロジェクトは、オープンソースプロジェクトです。その目標は、同じシステムに同じソフトウェアの複数のバージョンをインストールして実行できるようにすることです。 Python 3.6 x64をインストールするには、SCLをインストールする必要があります:

sudo yum install -y centos-release-scl

Python 3.6 x64をインストールします:

sudo yum install -y rh-python36

このマシンでPython 3.6仮想環境を有効にします:

scl enable rh-python36 bash

有効にするには、bashプロファイルの下部にこれらの行を永続的に追加します。

bash_profileを編集するには。

cd ~ && vi .bash_profile

これらの行を追加します:

#add python36 to the bash permanently
scl enable rh-python36 bash

このコマンドを実行してすぐに適用します:

exec bash

Pythonアプリケーションを開発するには、遅かれ早かれ開発ツールが必要になります。

sudo yum groupinstall -y "Development Tools"

pipenvをインストールするには、root権限が必要です:

su - root
sudo yum install -y rh-python36

#Upgrade to new version of pip
pip install --upgrade pip 

#now install pipenv
pip install pipenv 
Related:  Centos 7パーマネントでSELinuxを無効にする方法