VirtualHost multidomains VPSでCertbotを使用してSSLを暗号化して更新する方法

Let’s Encryptが100%無料のSSLを提供し、certbotツールを使用してSSLを自動的に作成、承認、更新できることをご存知でしょう。これに関する投稿がありました:

Let’s Encryptから無料のSSLでNginxのHTTPSを設定する方法

しかし、VPSがVirtualHost設定で複数のドメインを使用している場合、vhost設定ファイルを間違った方法で変更し、ファイルを混乱させるため、certbotがスタックしました。自動更新でも発生します。そのため、最初に手動で行う必要があります。その後、後で自動的に行うようにガイドします。

まず、更新コマンドを発行します:

certbot -d config9.com certonly

このコマンドでは、更新するドメインを指定します。あなたもそうします。

更新に影響しないため、pyasnのインストールに関するデバッグ/警告は無視してください。

その後、次のように尋ねられます。

How would you like to authenticate with the ACME CA?
 
 1: Apache Web Server plugin (apache)
 2: Spin up a temporary webserver (standalone)
 3: Place files in webroot directory (webroot)
 
 Select the appropriate number [1-3] then [enter] (press 'c' to cancel): 3

3を選択して、認証ファイルをドメインのルートフォルダーに配置します。

次に、ドメインのルートディレクトリを指定します。

Input the webroot for config9.com: (Enter 'c' to cancel): /path/to/www/of/config9.com

Certbotはチャレンジを行い、成功したメッセージで通知します。

他のドメインでも同じことを行う必要があります。

<!-インライン関連投稿1/3 //->

関連: 乗客5のパフォーマンス比較unicorn / thin / puma / etc

Related:  Centos 7/6/5でHAProxyをインストール、構成、および最適化する方法